「株式会社佐楢見設計」から『自然エネルギー自給住宅へのご提案』のご案内 : 住まいの匠


「株式会社佐楢見設計」から『自然エネルギー自給住宅へのご提案』のご案内

「自然エネルギー自給住宅へのご提案」

近年、地球温暖化や石油高騰更にバイオエネルギー需要によりもたらされた穀物の高騰など、エネルギーにより引起された諸問題が我々の生活環境を変えようとしています。石油枯渇に伴いエネルギー問題は更に深刻化し、電気エネルギーに関しても「先ず家庭で自給自足し、足りない電力を電力会社から買う」と言う考えが普及すると考えられます。そのような中、自然エネルギーの活用こそが『エコライフ』を楽しむ源となります。ところが、自然エネルギーを最大限に活用し且つお客様の“ 夢 ”を取り入れた個人住宅を設計する建築家は現在そんなに多くはおりません。太陽光発電を取り入れた新築で『エコライフ』を楽しむはずが、いざ設置をしようとしたとき

「屋根が複雑で、設備費用がかかる。」
「太陽光発電のモジュールの色と瓦の色が合わない」
「住宅のデザインは気に入っているが、屋根の向きが陰になるので発電効果が期待できない。」

等々、以外に“ 夢 ”を断念せざるをえないお客様が少なくありません。一方、大手住宅メーカーでは企画化された太陽光発電住宅(光熱費ゼロの家)を商品化し、好評を得ています。本来、お客様の希望を形にする筈の注文住宅専門の建築家が実は自然エネルギーの活用に対し消極的であったり、無知な場合が多いのです。
当社では「環境学習ワークショップ」を通じ、皆様に自然の大切さを理解してもらう活動を行っています。自然を知り、自然を活用した家造りと、お客様の“ 夢 ”の家創りを実現すべく日々精進を重ねています。


下記に紹介する住宅は、将来、太陽光発電システムの設置をお考えのお客様向けに設計した作品の一例です。


周囲の自然と調和をとりながら、太陽光発電システムを有効に活用するため、片流れと切り妻屋根を組合わせ空間を広げ、屋根の色を空に近づけることで太陽電池モジュールと屋根と空の違和感を取り除いた作品です。


黒い屋根で落ち着いた雰囲気に仕上げた作品です。黒色の次世代太陽電池(ホンダのCIGS太陽電池モジュール)を使用することで、違和感を無くし、朝夕の淡い光でも発電が出来る家に仕上げました。
※この作品は、設計案の段階です。

 
 
ご興味のある方は、注文住宅のジャンルをクリックし、㈱佐楢見設計のプロフィールをだして、ホームページ或いは、アドレスにアクセスをお願い致します。
 



≪ お問い合わせ ≫
株式会社 佐楢見設計
福岡県宗像市赤間5-1-9
TEL: 0940-32-2571
匠情報はこちら